分譲マンションの選び方ガイド

住宅ローンで借りられる金額には上限がある

住宅ローンとして借りることができる金額には上限があります。最大の上限は「物件価格」となっており、購入するマンションの価格以上のローンは組めません。また、契約者(または世帯)の年収・他の借入金の状況により年間に返済できるローン上限額も決まってくるので、これによって総額に上限が生まれます。

失敗しない分譲マンションの選び方

住宅ローンとして借りることができる金額とは

住宅ローンとして借りることができる金額は以下の2つのうちいずれか低い方となるのが基本です。

  1. 購入する物件価格(担保価値)
  2. 年間の返済額が年収の20~25%以下の水準(返済比率

1については分かりやすいかと思います。例えば1億円の価値しかない物件に1億2000万円貸して、もし相手が返済できない場合銀行側(金融機関側)が間違いなく損をするからです。
基本的には物件価格(担保価値)以下しか銀行は貸してくれません。

2については少しわかりにくいかと思います。これは、業界規則において、年収に対する住宅ローン等貸付の返済額が一定割合を超えてはならないという決まりです。例えば、年収比率が20%の場合、年収が700万円の人の場合、(住宅ローン等の)返済額が140万円を越えてはならないというものです。

仮に借入金3000万円、金利が3%、住宅ローンを設計した場合を考えます。この時、20年元利均等返済で借りた場合の月間の返済額はおよそ165000円。年間に換算すると198万円になります。仮に年収比率が20%だとするとこのケースでは年収が1000万円ないと借りることができないということになります。

例では年収が700万円ですので、3000万円の借入はできません。

しかし、この基準は毎年の返済額ですので、毎年の返済額を減らしてあげれば借入することができる金額は変わります。例では20年での返済としていましたが、これを35年に延長した場合、月々115000円、年間138万円となり返済比率が20%でも基準内となり借入ができます。

上の例は少し極端ですが、年収に応じて借入できる上限額が決まってくるということを言いたいのです。そして、仮に年収が同じ場合は、返済期間を長くすればそれだ多くのお金を借りることができるようになります。