分譲マンションの選び方ガイド

団体信用生命保険で万が一の場合も保障になる

住宅ローン契約をする場合、ほとんどの場合で「団体信用生命保険(団信)」と呼ばれる生命保険への加入が義務付けられています。この団信とは住宅ローンの債務に対する保険で、契約者に万が一のことがあった場合には住宅ローンの債務がゼロになるという保険です。団信に入る事で自分に万が一があった場合にも遺族に家を残すことができます。

失敗しない分譲マンションの選び方

団体信用生命保険(団信)のしくみ

団体信用生命保険(団信:だんしん)とは、生命保険の一種です。契約の内容は以下のようになっています。

契約者:住宅ローン債務者
被保険者:住宅ローン債務者
保険金受取人:銀行(金融機関)
保険金総額:住宅ローン残債

どういう保険なのかというと、たとえばある契約者Aさんが現在住宅ローンを返済中で残りのローン債務が1500万円だとします。このときAさんが死亡などによって団体信用生命保険の保険金支払い要件を満たした場合、現在のローン債務(残債)である1500万円が保険金として銀行に支払われます。
そして銀行はこの保険金を受け取るかわりに、Aさんのローン債務をゼロにしてくれます。

そして、このAさんの遺族は住宅ローンの債務がゼロになった家をその後も自分の家として使うことができます。

つまり、団体信用生命保険(団信)は、万が一のことがあったら銀行など住宅ローンを借りている会社の借金をチャラにしてくれる保険なのです。一般の住宅ローンの場合はほぼ間違いなく加入しています。
ただし、加入が任意のところもあります。任意の場合は必ずしも団体信用生命保険(団信)に加入する必要は無いのですが、契約者に万が一のことがあっても、住宅ローンは遺族の方が引き続き支払っていく必要があります。